転職/面接サクセスマナー



転職するには必ず通る道、
面接に赴いたときはどう行動すればいいのか、
一通りの基本を頭に入れておきましょう。

SCENE1 玄関・受付 
         
■玄関で服装を最終チェック

転職希望の場所が
ある程度の規模の会社であれば、
受付で面接のために訪問したことを告げ、
人事担当者への取り次ぎをお願いすることになりますが、
会社によってはこの段階からチェックしています。

受付の人に好印象をもってもらうためにも、
玄関のドアをくぐる前に、
身だしなみの最終確認を行いましょう。
ネクタイの結び目や肩のフケ、
上着のボタンのかけ忘れ、
靴の汚れ、髪の乱れなど。

大きなオフィスビルであれば、
自由に出入りできるトイレがあるはずですから、
一度、鏡の前に立つことをおすすめします。

■訪問の主旨は簡潔に

受付前に立ったら、訪問の主旨、
約束の有無、訪問相手の所属、
わかっていれば担当者名を伝え、
自分の名前を名乗ります。

訪問時間や名前を記入する必要がある場合は、
読みやすい字で丁寧に記入しましょう。

来客が立て込んでいる場合は、
2、3歩下がった位置で先客の手続きが
終了するのを待ちます。

間違っても、人を押し退けてはいけません。

SCENE2 控え室

■座る位置に注意

案内の係の人に先導されて廊下を歩くときは、
案内係の3歩ほどななめ後ろをついて歩きます。

応接室あるいは控え室がわりの
会議室などに通されたら、
原則として、出入口近くのイスに腰をおろします。

ただ、狭い部屋では入口付近に腰を下ろすと、
出入りのじゃまになることもあります。

また、先客がいる場合もありますので、
状況に応じて席を選んでください。

バッグや鞄は、テーブルの上ではなく、
自分のヒザの上かイスの脇の床に置きます。

■タバコは我慢

控え室に灰皿が置かれてあっても、
タバコを吸うのは遠慮しましょう。

喫煙者かどうかを見るためにわざと
置いてあることがほどんどです。

節煙、禁煙を勧める会社が増えている状況を考えると、
ここで一服したというそれだけでアウトに
なることもありえます。

転職先の控え室でしばらく待たされる状況になっても、
歩き回ったりせずに静かに呼ばれるのを
待ちましょう。

間違っても、ケータイで誰かに電話したり、
メールを打ったり、漫画本や週刊誌を
引っぱり出して読む、なんてことはしないように。

また、ケータイはこのときまでに
電源をオフにしておきましょう。


SCENE3 面接室

■入室時には軽くノック

転職先の面接室に入るときは、
ドアを軽く2、3回ノックして、
なかから「どうぞ」の声がかかってから
「失礼します」といいながら開け、
入室します。

通常、ドアはクローザーの働きで
自動的に閉まるものですが、
だからといって自動で閉まるに
任せるのは感心できません。

ドアクローザーの調子が悪いと、
閉まるときに大きな音が出ることになるからです。

必ずドアに向き直って、ノブに手を添えて静かに閉めましょう。

ドアを閉めた後、担当者と向き合って入
口のところで一礼します。

会釈ではなく、上半身を約30度くらい
傾けるきちんとしたお辞儀をしましょう。

このとき、スーツの前ボタンを留めておかないと、
ネクタイが下に垂れてみっともなくなりますので要注意です。

■腰をおろすのはすすめられてから
転職希望先の面接官の前まで進んだら、
ここでまた一礼しますが、
このときは、「○○と申します。よろしくお願いします」と
あいさつの言葉を添えます。

間をおかずして、「どうぞお座りください」との
声がかかるはずですから、その声を待って、
指定されたイスに静かに腰をおろします。

手荷物は、腰をおろしたあとで、イスの脇の床に置きます。

■面接中の姿勢

面接中は、イスに深く腰をかけ、
背筋を伸ばします。

手は指を揃えて、あるいは軽くこぶしを
握ってヒザやもものあたりに上に置いておきます。

資料を見せられたり、
格別な動作を求められたとき以外は
この姿勢を保つことが基本ですが、
途中、話に熱がこもってきたときなどは、
多少の手振りは許されるようです。

面接時間は通常30分程度です。
疲れてきたからといって、背中を丸くしたり、
足を組んだりするのは、マナーに反するだけでなく、
忍耐力、耐久力に乏しいと疑われることにもなります。

時間の経過とともに、髪をさわる、
手の指を絡み合わせる、鼻の頭をかくなど、
日頃のクセもでがちになりますので、ご注意ください。

■面接中の目線

一般には、相手の目を見て話すのは失礼、
口もと当たりを見るようにといわれますが、
面接では、意欲や真剣味を伝えるために
多少の演出が必要になります。

ここぞというときには、
面接官の目をしっかり見据えて、
視線をぶつけ合うくらいの対応をすべきです。

話の途中で視線を逸らす、
下を向くといった状況が何度も続くようだと、
それだけで自信のなさの現れと受け止めらてしまいます。

表情は口もとにも現れます。

というより、への字に曲げたり、
唇をすぼめたり、口角を上げたりと、
口もとのちょっとした動きには目以上に
気持が現れますから、どういう動きをすれば
相穏やかでやさしい印象をもってもらえるか、
前もって鏡に向かって練習することをおすすめします。

■語尾まではっきりした声で

こちらから話すときは、
面接官にはっきりと聞き取れる声で、
最後までしっかり発音するようにします。

消え入るような話し方、
語尾を濁すような話し方では、
自信のなさしか伝わりません。

早口すぎず、またスローモーすぎずを心がけることも重要です。

また、面接官が会社の事業内容など
説明的な話しているときは、
ただうなずくだけでなく、
「はい」「へぇ」「なるほど」など、
適宜相づちを入れると、
相手には真剣に聞いていることを感じ取ってもらえます。

なお、質問したいことがあっても、
話の途中で割り込むのは嫌われるもとです。

■退出時まで気をゆるめずに

面接官から「今日はこのへんで」と
いった言葉が出たら、面接終了の合図です。

イスの脇に立ち上がって、
「ありがとうございました。よろしくお願いします」と
丁寧に一礼し、そのあとで、床に置いておいた
持ち物を取り上げます。

ドアを開けたら、外に出る前に室内に向き直り、
軽く会釈しながらバックする形で室外に出て、
静かに、確実にドアを閉めます。

部屋から出たとたん、
ホッとしすぎて「アー、終わった終わった」などと
大声を出し、失敗した人もいるそうです。

会社の玄関を出るまでは、
決して気を抜いてはいけません。

受付で入館バッジを返却する場合などは、
受付の人に会釈しながら「お世話になりました」と
一声かけるのもエチケットです。

無事に転職出来ることを願っています。

転職/面接:経験が少ない場合

この場合は、自分を十分にアピールするためには
その前段階、応募の際に送る職務経歴書を
きちんと作ることがとても重要です。

会ってみたい、面接してみたい、と
思わせるような職務経歴書を作りましょう。

そのためには、
短い経験のなかでも成果を出したと
いえるものについては、
必ず書くようにしましょう。

具体的に成果がイメージできるように、
数字を使うなど、わかりやすいものが望ましいです。

もしも、具体的な数字がない場合は、
定性面の「○○の状態を○○に向上させた」など、
自分が貢献したことを書くようにしましょう。

新卒での就職から1年未満であれば、
学生時代のアピールポイントを書くことも
ひとつの手です。

社会人経験の浅い人や前職の経歴が短い場合、

いざ転職の面接の機会を得ても、面接官がどうしても
気にしてしまうのは、入社してもらっても、
またすぐに辞めてしまうのではないかということです。。

面接官のそんな心配を吹き飛ばすように、
転職するのが早いので、
長続きしないと思われるかもしれませんが……」など、
自分から先に話をしてしまう、というのは使える手です。

実際、人事担当者が、入社3年未満の若手第二新卒に
期待していることは、下記の2点です。。

・最低限のビジネスの常識を知っている
・他社のカラーにに染まっていないこと
 (自社のカラーに染めやすいこと)

つまり、経験そのものよりも、
自分のポテンシャルを評価してもらうように、
自信をもって転職の面接に望むべきだということです。

企業は、経験を買おうとしているわけではないのです。

自分自身の強みや可能性を上手にアピールして、
経験の少なさをカバーするようにしましょう。

転職/面接:経験のない業種に挑戦する場合

異業種に応募する際の転職の面接でアピールするには、
(キャリアチェンジ)

これまで経験はないけれど、
興味ある業界や職種に挑戦してみたい、

業種や職種が違うフィールドで働いても、
なかなか「即戦力」にはなりにくいものです。

自分をアピールするには、
少しでも似ている経験や力、
共通項を見出すことが重要です。

例えば、メーカーの購買担当から、
インターネットのSEOコンサルティングの
仕事に転職した、という人の事例があります。

一見、まったく違う仕事に見えますが、
データ分析を積極的に行って購買を
担当していたので、分析をするときに
使う考え方が、SEOコンサルティングの
分析方法と類似している、
という点をアピールポイントにしたそうです。

また、異業界への転職の場合、
これまでまったく違う経験をしてきた、
ということ自体が、逆に会社に貢献できる点だ、
とアピールする手もあります。

例えば、大企業から成長中のベンチャーに
転職する場合、面接官の懸念するポイントは、
まだ未成熟の組織では、「指示まち」タイプの
人間では仕事にならないので、
その人が本当に自律的に動けるのか?ということです。。

しかし、逆に考えると、大企業は組織化されており、
マネジメントの仕組みもしっかりとしています。

ベンチャー企業が今後組織化していくプロセスにおいて、
そうした組織での経験を、応用できるという点を
転職の面接をする際にアピールするとよいでしょう。

転職/面接:前職に不満があって転職したい場合

転職理由を前向きに変換してみませんか。

職場に不満があって、転職を考える際は、
なぜ転職を考えたのかと聞かれても、
なかなか話していくうちに、暗くなってしまい、
いまいちきちんと伝えられないものです。。

言葉は、「言霊」ともいい、使う言葉によって、
印象もかわってくるものです。

マイナスになりがちな転職理由を
どうプラスに伝えるのか、
重要なポイントを具体的に面接官にお伝えします。

現状の不満や不安を、
転職を通じてどのように
解決していきたいのかを伝えてみましょう。


■具体例

 A:下請けなので、顧客にふりまわされる
 ↓
 B:顧客と直接やり取りできる仕事がしたい

 A:評価がいい加減
 ↓
 B:仕事の成果を的確に評価されたい

 A:残業が多くて、学ぶ環境がない
 ↓
 B:もう少し落ち着いた環境で働き、専門性を磨きたい


Aの言葉だけ聞いていると、
不満ばかりが強調されてしまい、
ネガティブだと思われてしまいがちです。

これをBのように、ポジティブに感じられる
表現にするだけで、大分違います。

転職の面接だけではなく、普段から
ポジティブな言葉を使うよう心がけてみるのも
良いかもしれませんね。



転職/面接:よくある面接の失敗例

転職の面接で失敗する人にありがちな、
典型的な失敗パターンです。

■話が長い
具体的には、1分以上、演説のようになるのはNGです。

自分の話に自信があり、
本当に面白く話せる人であれば、
長くても聞いていられるのだけれど、
実際にこんな人はほとんどおらず、
なかなかこれが難しいです。

そうであれば、シンプルに話をしたほうがよいでしょう。

■要望ばかりが多い具体的には、休日、年収、福利厚生などの
質問を沢山する人。

会社依存型人材だと思われてしまいます。

■会社を調べてこない
HPに書いてあるような、基礎的な売上、
従業員数、事業領域などを、
面接に来ているのに、知らないというのは論外です。

本当に興味があるのかどうか、疑われてしまいます。

■競合を調べていないきちんと競合企業の情報まで調べておかないと、
志望動機がいい加減だと思われてしまう、
という危険性があります。

例えば、御社の○○が良いと思って……と
言ってしまったけれど、実はその○○の部分が、
競合のほうが優れている、
なんて事も意外と多いのです。

誰にでも自信がないところはあります。

転職の面接に臨むさいも、事前にきちんと準備を
していくことで、自信につながり、
余裕ができます。

苦手なこと、自信がないことを解決した上で、
転職の面接に望みましょう!

最高のあなたを企業は期待しています。


履歴書と職務経歴書

企業に応募をする場合、
履歴書職務経歴書を求められます。

あまり専門性を求められない業務に応募をする際は
職務経歴書は求められませんが、
転職」「再就職」の場合は、
まず、職務経歴書は求められます。


 しかし、なぜ、企業は履歴書と職務経歴書を
別の書類で求めるのでしょうか?

それは、履歴書、職務経歴書それぞれ目的が
異なるからです。

一言で言えば、
履歴書では、企業側は「あなたのこれまでの人生」を、
職務経歴書では、「あなたのこれまでの仕事」を見ます。

企業側は、履歴書であなたの生い立ちや、
趣味、考え方などを見ます。

その後に、職務経歴書であなたの仕事ぶり、
どういった経験を持っているのかなど、
より実務的な視点であなたを判断します。


ここでタイプ別履歴書の書き方のポイントを紹介します。
良かったら参考にしてみてください。

●就労経験が短い人
 
●これまでフリーターをしてきた人
 
●転職前に長期ブランクがあった人
 
●正社員ではなく、派遣社員として働いてきた人

●同じ企業で同じ職種を続けてきた人

●目立った成果を挙げていない人

●転職回数を重ねてきた人

●大企業から中小、ベンチャー企業へ転職する人

●中小、ベンチャー企業から大企業へ転職する人

●競合へ転職する人

●異業種へ転職する人

●実務経験に乏しい人

●自営業や会社経営の経験のある人

自営業や会社経営の経験のある人の履歴書の書き方例

 自営業や、企業から独立した形で仕事をしていた人
転職をする際、採用側は
「この人は事業に失敗したのではないか?」と考えます。

なぜならば独立した形で働いている人には
雇用されることを拒む人が多いからです。

このケースの転職者に対して
採用側が不安に感じている能力は
「周りの環境への適応力」です。

やはり独断や自分で判断することが多い自営業などの方に
対してこのような意見は非常に多くあります。

ですので、適応能力があるということを
十分にアピールすることが大切です。

実務経験に乏しい人の履歴書の書き方例


 例え、業界での経験があったとしても
雇用形態がアルバイトなどの場合は
採用側からすると
「この人は業界にいただけで実際は経験はないのではないか」
という点です。

そんなときは、事務処理などがメインであったが手伝いや、
任されることが多々あり、十分に職種に対する知識、
経験はあるということをアピールできると好印象です。

異業種へ転職する人の履歴書の書き方例

 異業種へ転職する場合ポイントとなるのは
「なぜ、この業種なのか?」という点です。

採用側へは業種へのこだわり、
なぜその業種で働きたいのかを伝えるよう
意識してしましょう。

競合へ転職する人の履歴書の書き方例


 前職の競合他社に転職をされる場合、
業界に対する知識、業務内容などが基本的に
備わっているとみなされるのでスキル面では
特に問題になるケースはありません。

問題は「なぜ、転職をする必要があるのか?」という
点になります。

この場合、ビジネスモデルなどでは転職の理由は
説明できないので、企業風土などを理由に挙げ
「ここでしかできない」という点をいくつかアピールしましょう。

中小、ベンチャー企業から大企業へ転職する人の履歴書の書き方

大企業と中小企業の職務内容の違いについて
一般的に言われるのは、大企業では業務を分担し
システム化して進めるのに対し、中小企業や
ベンチャー企業では一人で数多くの仕事を
こなすことが必要になってきます。

中小企業から大企業へと転職する場合、
転職者の最大のアピールポイントはこの
「一人で幅広く業務に携わってきた」という
点になるでしょう。

応募の動機としては、企業の安定度、福利厚生、
給与面などが大半かと思いますが、これでは
採用担当者には響きません。

大企業ならではの理由としては
業務のスケールの大きさ、やりがい」
「業界最先端の取り組みができる」などが良いでしょう。

大企業から中小、ベンチャー企業へ転職する人の履歴書の書き方

現在では一概には言うことはできませんが、
大企業=安定というイメージが今でもやはり強く、
大企業から中小企業、ベンチャー企業へ転職する際は
「安定を捨てる理由」を採用担当者に対して
提示する必要があります。

一般的に大企業から中小企業に転職する理由は
「解雇、リストラ」「やりがいを求める」の
二つに分けられます。

理由としては後者の「やりがいと求める」という
理由が最も適切でしょう。

その場合転職する企業の特徴や、企業風土を事前に調べ
その特徴に対して転職理由を挙げるのが良いでしょう。

転職回数を重ねてきた人の履歴書の書き方例

 転職回数が多い人
(年齢にもよりますが、一般的に転職回数が
3回以上の場合、多いと言われています。)に
対して採用側が考えることは
「組織への適応能力がないのではないか?」
「人間関係の構築に問題がるのではないか?」と
いうことです。

ですので、転職回数が多い人の場合
それらのイメージを払拭し「合理的な理由での転職」を
アピールする必要があります。

転職回数が多い人の場合は、
「好奇心が多い人」「安定よりもやりがい」を
求める人が多いというのも事実です。

様々な事に関心がある点を転職理由として
結びつけるとよいでしょう。

目立った成果を挙げていない人の履歴書の書き方例

業務内容によっては、形にできる業績
出しにくい場合もあります。

例えば、内勤や、事務職の場合「売上UPに貢献した」
「表彰を受けた」などの目に見える業績というのは、
あまりありません。

こういった場合アピールする点は
「形に残る業績を影で支えてきた」ことになります。

例えば、「営業職の人が業績が上がるように士気を高めた」、
「会社の大事な契約の法務処理を担当した」などは
それに当たります。

また自分の言葉で自分を褒めるのも手ですが
周りの第三者の声を利用して自分の評価を上げることも
テクニックの一つです。

例えば「部長をはじめ会社の人にはムードメーカーだと
よく言われます」など第三者の言葉を引用することは
テクニックの一つとして活用することができます。

同じ企業で同じ職種を続けてきた人の履歴書の書き方例

一つの会社での勤続経験が長い方や
、同じ会社で一つの職種をずっと続けてきた人は、
ついつい職歴が寂しくなりがちです。

通常は社内での人事異動などがあれば職務内容などに
変化がありアピールができるのですが、
同じ職種をずっと続けてきた人は書き方の工夫がないと
「職務に進歩が見られない」など採用担当者に
ネガティブイメージをもたれる可能性もあります。

このネガティブイメージを避けるためには
「一つの仕事を極めた」ということをアピールし、
また、一つの職場に貢献してきたことの
「堅実性」を相手に伝えることです。

正社員ではなく、派遣社員として働いてきた人の履歴書の書き方例

これまで、派遣社員として働いてきて、
正社員として転職をしたいと思った場合、
採用担当者は「なぜ、この人は正社員として
働きたいのだろう?」という疑問を持ちます。

いい例として、派遣と正社員では職務が異なります。

派遣の場合、通常あらかじめ与えられた職務内容を
実行することがほとんどになってきますが、
正社員の場合、職務内容は会社の状態により異なりますし、
仕事内容も総合的な職務内容になることが多いのが特徴です。

ですので、「より総合的な仕事を経験し、
やりがいを感じたい」などの点を正社員としての転職
理由としてあげるのは採用担当者にとっても好印象でしょう。

また、正社員としての転職理由として最も多いのに
「待遇が良いから」というのがありますが、
これは、応募者側の理由であり、採用側にとっては
メリットがないことですので、
理由としては不十分かもしれません。

派遣経験のある人は職務内容が明確な場合が
多いので実務経験を書く上ではそれらの経験を記載しましょう。

転職前に長期ブランクがあった人の履歴書の書き方例

 ブランクのある応募者に対して
採用担当者が思うことは、
「なぜこの人はブランクがあるのだろうか?」と
いうことです。

理由は応募者によってそれぞれ異なると思いますが、
どちらにしろ、採用担当者の持つ疑問に対して
“合格点”以上の返答をし、納得させるのがベターです。

では、合格点とはどのようなところにあるのかというと
「育児出産」「ワーキングホリデー」「留学」
「親族の健康問題」などであれば理由が明確かつ
一般的であるのであまりネガティブな印象を与えることがなく、
ブランクの理由として受け入れられます。

この場合は、ブランクを空けていたが実務的能力は
鈍っていないということをアピールしましょう。

一方セクハラや、「ただ働いていなかった」などのように
本人に問題がある場合は、適当な理由を見つけ、
ブランクがあった期間も実務的(資格の勉強やスクール)な
作業をこなしていたなど能力が衰えていないことを
アピールしましょう。

これまでフリーターをしてきた人の履歴書の書き方例

 採用担当者は、フリーターに対し
「この人は卒業してから就職することが
できなかったのではないか?」

「能力が欠けていたのだろうか?」
など通常あまり良いイメージ持っていません。

ですので、この場合、
履歴書では「きちんと実務をこなす能力がある」
ということを証明する必要があります。

ですので、フリーター時代に携わった職歴などを
より具体的に記載しましょう。

また、最近では、正社員ではないアルバイトであっても
店舗の管理など重要なポジションを任されることが
多くなってきています。

もし、そのような経験があれば記載しましょう。

 フリーターには、ネガティブな理由だけではなく
「夢を追いかけているため定職に就くことができない」
など様々な理由があり、
採用担当者に対してもフリーターの道を選んだ理由など、
詳細まで記載しておきましょう。

就労経験が短い人の履歴書の書き方例

 応募者が20代の場合、勤続年数が数年と短いので
書く内容に困るという方がいらっしゃいます。

その場合、社内の人事異動や、
担当が変わったことなどを職歴として記載しましょう。

また、30代、40代、50代ではこれまでの経験を
アピールすることができますが、
20代では将来を期待されることが多いため
「将来」についての意気込みを、勉強中の資格などと
重ね全面にアピールするのが良いでしょう。

自分の将来性をアピールすることができれば採用担当者
「この人なら今後やってくれるだろう」と
感じることもできるでしょう。

ドクターエージェンシー

■【12,500人のドクターに信頼されるには理由があります。】■

   ◆『民間医局』─メディカル・プリンシプル社◆


民間医局は
“ドクターが医療に専念できるインフラの構築を目指して”
をコンセプトにスタートしたドクターエージェンシーです。

■■キャリアコンサルティングサービス■■
・全国6,500施設以上の医療機関から
  最新リクルート情報をご提供

・契約から勤務開始後のアフターフォローまで、
 専任のエージェントが責任を持ってサポートいたします。

・臨床研修、専門研修、大学医局への入局に関する
 ご相談も可能。


■■常時3,000件以上の非常勤アルバイト情報を
                    毎日更新!■■
・『非常勤情報検索システム』では希望に合った検索条件で、
  非常勤の 最新求人情報を検索する事が可能です。

・携帯サイト『外勤NAVI』からはよりスピーディーに
 最新非常勤情報を 検索できるほか、希望にあった
 非常勤情報をメールでお知らせします。

・「Dr. News Station リクルーティングニュース」
 メールマガジンでは 最新の非常勤アルバイト情報を
 毎週お届けしています

▼詳細はこちら です。▼

■■会員ドクターには、月刊誌 『DOCTOR'S MAGAZINE』を
                    無料提供■■
・ドクターの素顔、人生観にスポットを当てた、
 これまでに無い 新しいタイプのヒューマン
 ドキュメンタリー誌 「DOCTOR’S MAGAZINE」
 (毎月20日発行)を会員登録された方全員に無料で
 送付しております。

▼詳細はこちら です。▼

■■その他会員向けサービス■■
・「医師賠償責任保険」
 「団体傷害疾病保険&団体長期障害所得補償保険」のご提供

・シッターサービス専門会社(ピジョンハーツ)と提携し、
  ベビーシッターサービスのご提供

・「開業支援セミナー」をはじめ、「病院経営セミナー」、
  医学生向けの「臨床研修指定病院合同セミナー」等、
  各種セミナーを積極的に開催しています。

・開業支援プログラムでは、家庭医から専門クリニックまで、
 開業を目指すドクターに、資金調達や臨床研修に至るまで
 アドバイス。

▼詳細はこちら です。▼

■■民間医局 Webサイト■■
・Doctor-Agent.com 
 < www.doctor─agent.com >
 民間医局のポータルサイト。

 非常勤情報検索システムや全国病院データ
 ベースの検索が行えるほか、メディカルe-ラーニング機能、
最新医療ニュース、「DOCTOR’S MAGAZINE」の
 バックナンバー紹介など 役立つ情報が満載。

・医療生涯教育サポート メディカル e-ラーニング
 医学生向け「医師国家試験対策コース」のほか、医師向けの
「認定内科医資格認定試験コース」の提供しております。

・初期・後期研修情報サイト レジデントナビ 
    < www.residentnavi.com >

 臨床研修病院データベースの検索から見学や実習の応募、
 履歴書作成機能など、卒後研修・後期研修情報の提供を
 行っております

・Doctrina < www.doctrina─MD.com >
 医師、医学生、患者(市民)それぞれにご活用いただける、
 バーチャルなメディカルスクールです。


民┃間┃医┃局┃    

  株式会社 メディカル・プリンシプル社
  mailto:info@doctor-agent.com

【本社】
〒151-0061東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-4 
          クエストコート原宿
TEL:03-5772-2300

【北日本支社】
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-1-2
          仙台長和ビル4F
TEL:022-224-8881

【東京支社・北関東支社】
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-5
          大下ビル8F
TEL:03-5456-4600

【名古屋支社】
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-23-13 
          名古屋大同生命ビル11F
TEL:052-589-1810

【大阪支社】
〒532-0011大阪府大阪市淀川区西中島5-5-1
       新大阪セントラルタワー南館5F
TEL:06-6886-0122

【中四国支社】
〒732-0052広島県広島市東区光町1-12-16  
       広島ビル6F
TEL:082-262-7500

【福岡支社】
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-1 
       九勧筑紫通ビル9F
TEL:092-433-8450
===========================================

▼詳細はこちら です。▼
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。