転職の現状

日本では戦後、終身雇用が一般的であったため、
転職は近年増加傾向にはあるものの、割合としては比較的少ないです。

総務省の労働力調査では、2001年8月は、
全就業者に占める転職経験者の割合は5.1%、
15-24歳では12%程度を占めています。

女性の転職率は横ばいもしくは減少傾向にありますが、
男性は高年齢層を除いて増加傾向にあります。

総務省「労働力調査年報」より2004年の転職を希望している就業者の割合は
全産業平均で9.7%。年齢別では25〜34歳が14.8%と高く、
35〜45歳が9.6%、45〜54歳が8.1%となっており、
若年層ほど転職希望がいくらか高くなっています。

しかし、転職をキャリアアップのチャンスととらえるアメリカに
比べれば日本の労働移動率はいぜんとして低く、
雇用が流動化してきていると言われているものの、
長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国のそれに近いです。

転職希望率及び実際の転職率については、職種毎に大きな差異があります。
例えば、システムの企画・開発や運用・保守に携わるITプロフェッショナルに限れば、
転職希望者は2人に1人という非常に高い水準です。

その理由の第一は「給与に対する不満」(48%弱)だ。
また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35219407

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。