これまでフリーターをしてきた人の履歴書の書き方例

 採用担当者は、フリーターに対し
「この人は卒業してから就職することが
できなかったのではないか?」

「能力が欠けていたのだろうか?」
など通常あまり良いイメージ持っていません。

ですので、この場合、
履歴書では「きちんと実務をこなす能力がある」
ということを証明する必要があります。

ですので、フリーター時代に携わった職歴などを
より具体的に記載しましょう。

また、最近では、正社員ではないアルバイトであっても
店舗の管理など重要なポジションを任されることが
多くなってきています。

もし、そのような経験があれば記載しましょう。

 フリーターには、ネガティブな理由だけではなく
「夢を追いかけているため定職に就くことができない」
など様々な理由があり、
採用担当者に対してもフリーターの道を選んだ理由など、
詳細まで記載しておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。