転職前に長期ブランクがあった人の履歴書の書き方例

 ブランクのある応募者に対して
採用担当者が思うことは、
「なぜこの人はブランクがあるのだろうか?」と
いうことです。

理由は応募者によってそれぞれ異なると思いますが、
どちらにしろ、採用担当者の持つ疑問に対して
“合格点”以上の返答をし、納得させるのがベターです。

では、合格点とはどのようなところにあるのかというと
「育児出産」「ワーキングホリデー」「留学」
「親族の健康問題」などであれば理由が明確かつ
一般的であるのであまりネガティブな印象を与えることがなく、
ブランクの理由として受け入れられます。

この場合は、ブランクを空けていたが実務的能力は
鈍っていないということをアピールしましょう。

一方セクハラや、「ただ働いていなかった」などのように
本人に問題がある場合は、適当な理由を見つけ、
ブランクがあった期間も実務的(資格の勉強やスクール)な
作業をこなしていたなど能力が衰えていないことを
アピールしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。