正社員ではなく、派遣社員として働いてきた人の履歴書の書き方例

これまで、派遣社員として働いてきて、
正社員として転職をしたいと思った場合、
採用担当者は「なぜ、この人は正社員として
働きたいのだろう?」という疑問を持ちます。

いい例として、派遣と正社員では職務が異なります。

派遣の場合、通常あらかじめ与えられた職務内容を
実行することがほとんどになってきますが、
正社員の場合、職務内容は会社の状態により異なりますし、
仕事内容も総合的な職務内容になることが多いのが特徴です。

ですので、「より総合的な仕事を経験し、
やりがいを感じたい」などの点を正社員としての転職
理由としてあげるのは採用担当者にとっても好印象でしょう。

また、正社員としての転職理由として最も多いのに
「待遇が良いから」というのがありますが、
これは、応募者側の理由であり、採用側にとっては
メリットがないことですので、
理由としては不十分かもしれません。

派遣経験のある人は職務内容が明確な場合が
多いので実務経験を書く上ではそれらの経験を記載しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。