目立った成果を挙げていない人の履歴書の書き方例

業務内容によっては、形にできる業績
出しにくい場合もあります。

例えば、内勤や、事務職の場合「売上UPに貢献した」
「表彰を受けた」などの目に見える業績というのは、
あまりありません。

こういった場合アピールする点は
「形に残る業績を影で支えてきた」ことになります。

例えば、「営業職の人が業績が上がるように士気を高めた」、
「会社の大事な契約の法務処理を担当した」などは
それに当たります。

また自分の言葉で自分を褒めるのも手ですが
周りの第三者の声を利用して自分の評価を上げることも
テクニックの一つです。

例えば「部長をはじめ会社の人にはムードメーカーだと
よく言われます」など第三者の言葉を引用することは
テクニックの一つとして活用することができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。