転職/面接:よくある面接の失敗例

転職の面接で失敗する人にありがちな、
典型的な失敗パターンです。

■話が長い
具体的には、1分以上、演説のようになるのはNGです。

自分の話に自信があり、
本当に面白く話せる人であれば、
長くても聞いていられるのだけれど、
実際にこんな人はほとんどおらず、
なかなかこれが難しいです。

そうであれば、シンプルに話をしたほうがよいでしょう。

■要望ばかりが多い具体的には、休日、年収、福利厚生などの
質問を沢山する人。

会社依存型人材だと思われてしまいます。

■会社を調べてこない
HPに書いてあるような、基礎的な売上、
従業員数、事業領域などを、
面接に来ているのに、知らないというのは論外です。

本当に興味があるのかどうか、疑われてしまいます。

■競合を調べていないきちんと競合企業の情報まで調べておかないと、
志望動機がいい加減だと思われてしまう、
という危険性があります。

例えば、御社の○○が良いと思って……と
言ってしまったけれど、実はその○○の部分が、
競合のほうが優れている、
なんて事も意外と多いのです。

誰にでも自信がないところはあります。

転職の面接に臨むさいも、事前にきちんと準備を
していくことで、自信につながり、
余裕ができます。

苦手なこと、自信がないことを解決した上で、
転職の面接に望みましょう!

最高のあなたを企業は期待しています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。