転職/面接:経験のない業種に挑戦する場合

異業種に応募する際の転職の面接でアピールするには、
(キャリアチェンジ)

これまで経験はないけれど、
興味ある業界や職種に挑戦してみたい、

業種や職種が違うフィールドで働いても、
なかなか「即戦力」にはなりにくいものです。

自分をアピールするには、
少しでも似ている経験や力、
共通項を見出すことが重要です。

例えば、メーカーの購買担当から、
インターネットのSEOコンサルティングの
仕事に転職した、という人の事例があります。

一見、まったく違う仕事に見えますが、
データ分析を積極的に行って購買を
担当していたので、分析をするときに
使う考え方が、SEOコンサルティングの
分析方法と類似している、
という点をアピールポイントにしたそうです。

また、異業界への転職の場合、
これまでまったく違う経験をしてきた、
ということ自体が、逆に会社に貢献できる点だ、
とアピールする手もあります。

例えば、大企業から成長中のベンチャーに
転職する場合、面接官の懸念するポイントは、
まだ未成熟の組織では、「指示まち」タイプの
人間では仕事にならないので、
その人が本当に自律的に動けるのか?ということです。。

しかし、逆に考えると、大企業は組織化されており、
マネジメントの仕組みもしっかりとしています。

ベンチャー企業が今後組織化していくプロセスにおいて、
そうした組織での経験を、応用できるという点を
転職の面接をする際にアピールするとよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。