転職/面接:経験が少ない場合

この場合は、自分を十分にアピールするためには
その前段階、応募の際に送る職務経歴書を
きちんと作ることがとても重要です。

会ってみたい、面接してみたい、と
思わせるような職務経歴書を作りましょう。

そのためには、
短い経験のなかでも成果を出したと
いえるものについては、
必ず書くようにしましょう。

具体的に成果がイメージできるように、
数字を使うなど、わかりやすいものが望ましいです。

もしも、具体的な数字がない場合は、
定性面の「○○の状態を○○に向上させた」など、
自分が貢献したことを書くようにしましょう。

新卒での就職から1年未満であれば、
学生時代のアピールポイントを書くことも
ひとつの手です。

社会人経験の浅い人や前職の経歴が短い場合、

いざ転職の面接の機会を得ても、面接官がどうしても
気にしてしまうのは、入社してもらっても、
またすぐに辞めてしまうのではないかということです。。

面接官のそんな心配を吹き飛ばすように、
転職するのが早いので、
長続きしないと思われるかもしれませんが……」など、
自分から先に話をしてしまう、というのは使える手です。

実際、人事担当者が、入社3年未満の若手第二新卒に
期待していることは、下記の2点です。。

・最低限のビジネスの常識を知っている
・他社のカラーにに染まっていないこと
 (自社のカラーに染めやすいこと)

つまり、経験そのものよりも、
自分のポテンシャルを評価してもらうように、
自信をもって転職の面接に望むべきだということです。

企業は、経験を買おうとしているわけではないのです。

自分自身の強みや可能性を上手にアピールして、
経験の少なさをカバーするようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。