求人手段の方法

1,メディアとなる媒体を用いた告知
新聞(紙面内、折り込みチラシ)やポスター等
労働力となる者が輩出される学校(主に新卒を対象)や
、労働力となることを望む者が集う公共職業安定所(ハローワーク)などへの
募集の要項の掲示を直接行うこともあります。

又、大規模な求人イベントとして就職説明会などの機会も利用されています。
就職フェア、転職フェアも広く行われています。
(東京国際フォーラムなど規模の大きな会場に複数の求人企業が出展し、
人事の担当者などと企業や仕事について相談するなど、
事前に情報を集める事が出来ます。)


2,求人情報誌
1980年ごろから登場した求人情報誌は、紙媒体の代表的な存在であり、
リクルートの「ビーイング」「とらばーゆ」、
学生援護会の「デューダ」「サリダ」などが発行されているが、
近年では次項のインターネットに押され売れ行きが減ってしまい、
求人専門のフリーペーパー(アイデム(ジョブアイデム)、
リクルート(タウンワーク)、学生援護会(アルバイトニュース))を
全国各地の主要鉄道駅や書店等に無料配布で展開している事例もあります。


3、インターネットを媒体とした求人
新卒募集を除く求人では、2000年頃までは、
主に前述の情報誌や新聞などの紙媒体やハローワークを
利用して求人活動を行う事が多かったが、2000年以降、
ADSLやFTTHなどいわゆるブロードバンドインターネット接続の普及によって、
インターネットの常時接続が一般化すると、自社や求人・求職専門ウェブサイト
(いわゆる求人ポータル)を使った求人が増えてきました。

情報誌のフリーペーパー化が加速する中、インターネット上の求人活動は
増加の一途をたどっています。

転職の現状

日本では戦後、終身雇用が一般的であったため、
転職は近年増加傾向にはあるものの、割合としては比較的少ないです。

総務省の労働力調査では、2001年8月は、
全就業者に占める転職経験者の割合は5.1%、
15-24歳では12%程度を占めています。

女性の転職率は横ばいもしくは減少傾向にありますが、
男性は高年齢層を除いて増加傾向にあります。

総務省「労働力調査年報」より2004年の転職を希望している就業者の割合は
全産業平均で9.7%。年齢別では25〜34歳が14.8%と高く、
35〜45歳が9.6%、45〜54歳が8.1%となっており、
若年層ほど転職希望がいくらか高くなっています。

しかし、転職をキャリアアップのチャンスととらえるアメリカに
比べれば日本の労働移動率はいぜんとして低く、
雇用が流動化してきていると言われているものの、
長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国のそれに近いです。

転職希望率及び実際の転職率については、職種毎に大きな差異があります。
例えば、システムの企画・開発や運用・保守に携わるITプロフェッショナルに限れば、
転職希望者は2人に1人という非常に高い水準です。

その理由の第一は「給与に対する不満」(48%弱)だ。
また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。