転職/面接:経験が少ない場合

この場合は、自分を十分にアピールするためには
その前段階、応募の際に送る職務経歴書を
きちんと作ることがとても重要です。

会ってみたい、面接してみたい、と
思わせるような職務経歴書を作りましょう。

そのためには、
短い経験のなかでも成果を出したと
いえるものについては、
必ず書くようにしましょう。

具体的に成果がイメージできるように、
数字を使うなど、わかりやすいものが望ましいです。

もしも、具体的な数字がない場合は、
定性面の「○○の状態を○○に向上させた」など、
自分が貢献したことを書くようにしましょう。

新卒での就職から1年未満であれば、
学生時代のアピールポイントを書くことも
ひとつの手です。

社会人経験の浅い人や前職の経歴が短い場合、

いざ転職の面接の機会を得ても、面接官がどうしても
気にしてしまうのは、入社してもらっても、
またすぐに辞めてしまうのではないかということです。。

面接官のそんな心配を吹き飛ばすように、
転職するのが早いので、
長続きしないと思われるかもしれませんが……」など、
自分から先に話をしてしまう、というのは使える手です。

実際、人事担当者が、入社3年未満の若手第二新卒に
期待していることは、下記の2点です。。

・最低限のビジネスの常識を知っている
・他社のカラーにに染まっていないこと
 (自社のカラーに染めやすいこと)

つまり、経験そのものよりも、
自分のポテンシャルを評価してもらうように、
自信をもって転職の面接に望むべきだということです。

企業は、経験を買おうとしているわけではないのです。

自分自身の強みや可能性を上手にアピールして、
経験の少なさをカバーするようにしましょう。

転職/面接:経験のない業種に挑戦する場合

異業種に応募する際の転職の面接でアピールするには、
(キャリアチェンジ)

これまで経験はないけれど、
興味ある業界や職種に挑戦してみたい、

業種や職種が違うフィールドで働いても、
なかなか「即戦力」にはなりにくいものです。

自分をアピールするには、
少しでも似ている経験や力、
共通項を見出すことが重要です。

例えば、メーカーの購買担当から、
インターネットのSEOコンサルティングの
仕事に転職した、という人の事例があります。

一見、まったく違う仕事に見えますが、
データ分析を積極的に行って購買を
担当していたので、分析をするときに
使う考え方が、SEOコンサルティングの
分析方法と類似している、
という点をアピールポイントにしたそうです。

また、異業界への転職の場合、
これまでまったく違う経験をしてきた、
ということ自体が、逆に会社に貢献できる点だ、
とアピールする手もあります。

例えば、大企業から成長中のベンチャーに
転職する場合、面接官の懸念するポイントは、
まだ未成熟の組織では、「指示まち」タイプの
人間では仕事にならないので、
その人が本当に自律的に動けるのか?ということです。。

しかし、逆に考えると、大企業は組織化されており、
マネジメントの仕組みもしっかりとしています。

ベンチャー企業が今後組織化していくプロセスにおいて、
そうした組織での経験を、応用できるという点を
転職の面接をする際にアピールするとよいでしょう。

転職/面接:前職に不満があって転職したい場合

転職理由を前向きに変換してみませんか。

職場に不満があって、転職を考える際は、
なぜ転職を考えたのかと聞かれても、
なかなか話していくうちに、暗くなってしまい、
いまいちきちんと伝えられないものです。。

言葉は、「言霊」ともいい、使う言葉によって、
印象もかわってくるものです。

マイナスになりがちな転職理由を
どうプラスに伝えるのか、
重要なポイントを具体的に面接官にお伝えします。

現状の不満や不安を、
転職を通じてどのように
解決していきたいのかを伝えてみましょう。


■具体例

 A:下請けなので、顧客にふりまわされる
 ↓
 B:顧客と直接やり取りできる仕事がしたい

 A:評価がいい加減
 ↓
 B:仕事の成果を的確に評価されたい

 A:残業が多くて、学ぶ環境がない
 ↓
 B:もう少し落ち着いた環境で働き、専門性を磨きたい


Aの言葉だけ聞いていると、
不満ばかりが強調されてしまい、
ネガティブだと思われてしまいがちです。

これをBのように、ポジティブに感じられる
表現にするだけで、大分違います。

転職の面接だけではなく、普段から
ポジティブな言葉を使うよう心がけてみるのも
良いかもしれませんね。



転職/面接:よくある面接の失敗例

転職の面接で失敗する人にありがちな、
典型的な失敗パターンです。

■話が長い
具体的には、1分以上、演説のようになるのはNGです。

自分の話に自信があり、
本当に面白く話せる人であれば、
長くても聞いていられるのだけれど、
実際にこんな人はほとんどおらず、
なかなかこれが難しいです。

そうであれば、シンプルに話をしたほうがよいでしょう。

■要望ばかりが多い具体的には、休日、年収、福利厚生などの
質問を沢山する人。

会社依存型人材だと思われてしまいます。

■会社を調べてこない
HPに書いてあるような、基礎的な売上、
従業員数、事業領域などを、
面接に来ているのに、知らないというのは論外です。

本当に興味があるのかどうか、疑われてしまいます。

■競合を調べていないきちんと競合企業の情報まで調べておかないと、
志望動機がいい加減だと思われてしまう、
という危険性があります。

例えば、御社の○○が良いと思って……と
言ってしまったけれど、実はその○○の部分が、
競合のほうが優れている、
なんて事も意外と多いのです。

誰にでも自信がないところはあります。

転職の面接に臨むさいも、事前にきちんと準備を
していくことで、自信につながり、
余裕ができます。

苦手なこと、自信がないことを解決した上で、
転職の面接に望みましょう!

最高のあなたを企業は期待しています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。